パーソナルカラー診断(大阪)スタジオマイン*まいん*のブログ 

パーソナルカラー診断なら大阪鶴橋のスタジオマイン、色の効果で美人度アップ!カラーリストの *まいん* です。



16・・・パーソナルカラーとヘアカラー :: 2009/10/06(Tue)

2009_1003f1004.jpg
パーソナルカラーとヘアカラー

ある専門学校で色彩学の講師を務めております。(生徒さんは20歳前の方々です。)

2年生ともなると、就職活動のために今まで明るかった髪を少し落ち着いた色に染め直してまじめそう

に演出する子や逆にお化粧気のない自然派の子は服装やメイクに気を使い出したりと何かとイメージ

チェンジをしてくる子が多い季節なのですが、「お~ここまで変わるか!」と驚嘆したのはある生徒の

その肌色の見えの極端な変化でした。

メイクは全く変えていないが、ヘアカラーを変えたこと、それに合わせて服の色も変えたというのです

が、髪を黄みの明るい色からダークなココアブラウンへ変えたところすごく色白さんになったのです。

例えば髪の色は上の写真のような変化です。




顔は左右どちらも同じ配色カードのFL-5(FLはflesh・肉、肌色の意)でオークル系の普通~少し暗めの肌色で、髪の色は左側はdk6(暗いオレンジ色)右側はdkg24(暗い灰みの赤紫)です。

カラーカードでの見えなので実際とは比べられませんが、右側の方が若干、肌が白く見えるのと、それよりも顔の輪郭や目鼻立ちがクッキリ見えないでしょうか。

実際の生徒さんでは同一人物とは思えないくらい色白にかつ目鼻立ちがクッキリしたのです。

それと、これはどなたにも言えることなのですが、かなり明るかったヘアカラーをダークな色に変えることで顔が引き締まり小顔に見えることが多いです。




この見え方の違いは色彩検定テキストの「対比」で説明する方法と

パーソナルカラー的、「同化」を基準にした見え方の法則に基づいた説明とがあります。

「対比」・・・暗い色と明るい色を組み合わせた場合、暗い色はより暗く明るい色はより明るくという風に色の差を際だたせて脳が認識する結果対比がおこります。

同じ灰色でも黒に囲まれたときと白に囲まれたときでは中の灰色の明るさが変わって見えます。

黒に囲まれたときには中の灰色は明るめに、白に囲まれたときは暗めに見える現象です。(色黒の人の歯が白く見えるようなもの。)




髪の色を暗くすると対比で顔の色が白く見えるというのが色彩検定テキスト的解釈で、3級のテキストに帽子とセーターの色の変化によって肌の色の見えが変化することを「対比」の例としてイラスト付きで説明しています。




しかし、パーソナルカラー的解釈は少し違います。




次回はパーソナルカラー的解釈だと、どういう説明になるかをお話したいと思います。むふふ

にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村
お手数ですが、あの・・・できたら、ぽちっ とお願いします。笑
(ランキングに参加しています。「見たよ、ぽちっ」がとてもうれしいのです。)にこ


  1. パーソナルカラー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<17・・・パーソナルカラーとヘアカラー(続き) | top | 15・・・バラの香り(布引ハーブ園)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momoringobanana.blog93.fc2.com/tb.php/26-ff9f58bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)