パーソナルカラー診断(大阪)スタジオマイン*まいん*のブログ 

パーソナルカラー診断なら大阪鶴橋のスタジオマイン、色の効果で美人度アップ!カラーリストの *まいん* です。



■ そのシーズンならすべてどの色も似合うのか :: 2010/05/20(Thu)

◆ 「そのシーズンならすべてどの色も似合うのか」


「夏」と診断されたが、「夏」の色ならどの色も同じように似合うのか

確かめたい と言うご希望のお客様がいらっしゃいました。

おそらく「夏・全然違うとまでは思わないが、この夏の色は何かおかしい。」

という直感的なものがおありだったのだと思います。

診断してみると、やはり「夏」の色はよくお似合いになります。

かなりはっきりしたブルーベースの方です。

それはご自身でもよく把握しておられ、要は「夏」と言われたが本当は「冬」じゃないの?

という疑問をお持ちのようでした。


いろいろとテストカラーを当ててみた結果

お似合いになる色の特徴は、

・ブルーベース

・明るめ(高明度~中明度)

この2点が最も重要な要素です。

明るめであれば、濁り感のあるソフトな色も透明感のあるクリアな色もOKです。

明るめであれば、どちらかというとソフトな感じの濁色の方がお肌の調子を

なめらかに整えて見せます。

そんなわけで「夏」と診断されたことが分かります。。

でも、夏の 紺、グレイ、ブラウン を当てると少しさびしい、地味な印象になってしまいます。

ちょっとなんだかさえない感じになってしまうのです。

ところがベーシックカラーを「冬」の 明るめのグレーやシャープな紺にしてみると

すっきりと華やかな印象になります。

低彩度色であるベーシックカラーを夏のやさしい調子の色にすると精彩を欠いてしまいます。

クリアで力強い冬のベーシックカラーがよい印象をもたらします。

特に冬の明るめのグレーを基調にブルーベースの明るめ(高明度~中明度)の色を襟元に

持ってくるとてもいい感じになります。

・ブルーベースであること

・ニュートラル系のベーシックカラーは濁らない色「冬」

・明るめであれば「冬」でも「夏」でもOK

冬のベーシックカラーと明るめの色なら夏と冬の両方のパレットから使えます。

どちらかというと「冬」をメインに「夏」の色をサブ的にお使いになるのがベストと判断し
そうお伝えしました。

●パーソナルカラー夏タイプの方のトーン
トーン表

●パーソナルカラー冬タイプの方のトーン
トーン表 冬

●今回のお客様のパーソナルカラートーン
トーン表 k様のトーン




<*まいん*のパーソナルカラー診断>
*まいん*のサロンでは、4シーズン分類にこだわらない
本当に似合う色をお探しします。

|お問い合わせ・お申込み|

・ブログhomeへ    
最新ブログ記事




  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

  1. ◆ 診断例 & パーソナルカラー分析報告
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<一日一甘(いちにちいちあま) | top | パーソナルカラージプシー的心 ・・・続き その2>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momoringobanana.blog93.fc2.com/tb.php/144-ee3c8258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)