パーソナルカラー診断(大阪)スタジオマイン*まいん*のブログ 

パーソナルカラー診断なら大阪鶴橋のスタジオマイン、色の効果で美人度アップ!カラーリストの *まいん* です。



パーソナルカラージプシー的心 ・・・続き その2 :: 2010/05/13(Thu)

◆ 「パーソナルカラージプシー的心 ・・・続き その2」


以前、他でパーソナルカラー診断を受けて「○○」のシーズンタイプと診断されたが、

■ 色の使い方が分からない

■ そのシーズンならすべてどの色も似合うのか

■ 診断結果が腑に落ちない、しっくりこない、

という理由で当サロン(というほどサロ~ンなところでもありませんが・・・)

に来てくださるお客様が少なからずいらっしゃいます。

数々あるそういったケースの診断例をご紹介したいと思います。

「診断結果は○○。 でも・・・。」

studio mine ではお客様のかかえる この

「でも・・・?」の部分にお答えしています。



事例 ①

■ 診断結果が腑に落ちない、しっくりこない、


というお客様の分析は・・・・




ベーシックカラー(グレー、ベージュ、茶、紺)をトップスに

アクセントカラーとしてピンク系やブルー系をスカーフに見立てて、

春・夏・秋・冬 と

それぞれのシーズンカラーでコーディネイトしたものを、

お顔の下に持ってきて見比べてみると、

1枚ずつ見ていた時と異なり

よりシーズンごとのイメージ特性が分かって、診断しやすくなりました。


例えば、それぞれのシーズンごとの ベージュ+ピンク で見てみると

●春のベージュ+ピンク=春のベージュはとても膨張感が出て、もたついた感じになる。

●冬のベージュ+ピンク=冬のベージュはグレ-に近いグレージュ+青みでクリアなピンク
だととてもスッキリとして華やかになります。

●夏や秋の濁り感のある色は、地味で寂しい感じや老けた感じになってしまいNGです。


さらに続けて、いく通りかテストカラーをかえて、観察を続けた結果、


まとめると、

低彩度になるとイエローベースの悪い影響が目立ってきます。

なのでベージュやブラウンといった黄みのベーシックカラー、特に春や秋の

ベージュ、ブラウンはNGカラーになってしまいます。

ベーシックカラーで見ていくと冬のグループの色が最もよい効果をもたらすことが分かりました。

他の冬の色も好印象です。

但し冬の暗めのカラーは似合いにくいので、

冬のベーシックカラーを主に使い、ポイントは冬の明るめ、鮮やかめの色を

お使いになるとよさそう、ということが分かってきました。

明るめ、鮮やかめならイエローベースの色もなかなかいい感じです。

結論は「冬のパレットが基本。」です。



とえらそうな事を言っていますが、ウチで診断を受けたお客様の中にも「・・・?」
を抱えていらっしゃるかもしれません。そういう場合は遠慮なく御再訪下さい。


<*まいん*のパーソナルカラー診断>
*まいん*のサロンでは、4シーズン分類にこだわらない
本当に似合う色をお探しします。

|お問い合わせ・お申込み|

・ブログhomeへ    
最新ブログ記事




  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

  1. ◆ 診断例 & パーソナルカラー分析報告
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<■ そのシーズンならすべてどの色も似合うのか | top | パーソナルカラージプシー的心 ・・・続き その1>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momoringobanana.blog93.fc2.com/tb.php/143-f094a9b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)