パーソナルカラー診断(大阪)スタジオマイン*まいん*のブログ 

パーソナルカラー診断なら大阪鶴橋のスタジオマイン、色の効果で美人度アップ!カラーリストの *まいん* です。



♪黄みが強いからイエローベースが似合う(!?) :: 2013/06/11(Tue)


◆どっちが似合う、イエローベースかブルーベースか

肌は黄みが強めなのでイエローベースが似合う!

この「自分のボディーカラーの特徴と似た色が似合う」

という考え方がパーソナルカラー理論の特徴ですが、

それではうまくいかない人もいます。

ボディーカラーがイエローベースでも、ブルーベースでも

それが似合う色の決めてと考えるのではなく、

もっと大事な観点は

イエローベースやブルーベースの色が顔にどういう影響や効果をもたらすのか

ということなのです。


たとえば、ピンクなら

イエローベースの色
イエベピンク
イエローベースの色は → ◎肌色を濃く見せます。◎膨張して見せます。
 血色が出てハリがあるように感じられる → イエローベースが似合う
 黄黒く見える、むくんで見える → イエローベースが似合わない 


ブルーベースの色
ブルベピンク
ブルーベースの色は → ◎肌色を薄く見せます。 ◎収縮して見せます。
 色白になり透明感が出るように感じられる → ブルーベースが似合う
 血色がなくなる、やつれて見える → ブルーベースが似合わない 



どちらの色があなたにとって良い効果があるのか

それを確認するのが大切なのです。






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村

お手数ですが、あの・・・できたら、ぽちっ と応援お願いします。笑
(ランキングに参加しています。「見たよ、ぽちっ」がとてもうれしいのです。)にこ


  1. ◆ 診断例 & パーソナルカラー分析報告
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
みんなそれぞれのカラーパレットを持っている :: 2013/06/09(Sun)

かんばん
*まいん*のパーソナルカラー絵本はこちらから

《 業務内容 》 
● 専門学校講師 ● パーソナルカラー診断・カラーセミナー ● カラー関連講座 など
★パーソナルカラー診断なら丁寧に診断、分かりやすい解説のスタジオマインへ!!
♪美人度アップコース(70~90分)6,000円 
♪さらに美人度アップコース(90~120分) 8,000円
♪なるほど美人度アップコース(120~150分)12,000円 
♪男前度アップコース(70~90分)7,000円

携帯の方はこちらから
■パーソナルカラー診断メニュー■お申し込み・お問い合わせ■営業時間・アクセス■
パソコンはこちらから
■スタジオマインH.P.(表紙)■パーソナルカラー自己診断■プロフィール■業務案内■パーソナルカラー診断のご案内■カラー関連講座のご案内■カラーのコラム■*まいん*のパーソナルカラー絵本■男のパーソナルカラー■あなたもパーソナルカラーリスト■*まいん*のブライダルノート■お問い合わせ・アクセス■

◆みんなそれぞれのカラーパレットを持っている

講座で色鉛筆やカラーカードを使ってカラーワークをしてもらうと

みなさんそれぞれ独自のカラーパレットを持っておられるのに気づきます。

色の使い方に個性があるというか、クセがあります。

 パステルっぽい色を好んで浮かう人

 強い印象の色、(鮮やかめだったり暗めだったり)
 
 同系色を主に使いがちな人、
 
 反対色を好む人などなど・・・。

それは、洋服の色選びにも通じていて興味深いです。

そういう色が似合いやすい色というケースも多いようです。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村

お手数ですが、あの・・・できたら、ぽちっ と応援お願いします。笑
(ランキングに参加しています。「見たよ、ぽちっ」がとてもうれしいのです。)にこ


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
パーソナルカラー自己診断チャートの種明かし :: 2013/06/05(Wed)

◆パーソナルカラー自己診断チャートの種明かし

いろんなパーソナルカラー自己診断チャートがあります。

ついやってみたくなりますよね。

パーソナルカラー自己診断はこちらから


そのチャートの種明かしです。

自己診断チャートの各質問が設定されている背景は以下のとおりです。


パーソナルカラー自己診断チャートの必須項目とも言えるのが

ボディーカラーについての質問です。

あなたのボディーカラーと同じ特徴を持つ色があなたに調和する色である

とする理論が根拠となっています。


自分って、どっちかな、


人と比べて黄色っぽい、そうでもないなど

あとファンデーションの色がオークル系かピンク系かでも

自分がどちらのベースかの見当をつけたりしますが、


確かに

肌が黄みで血色もよく目がくりくりっとしてキラキラした感じの方は

春タイプの方が多いようです。


でも、

そんな典型的な春タイプとは逆に

肌が青白く血色が無い方にこの春の色を当てると

血色が出てイキイキする方もおられます。


肌の黄みが強く、肌質がマットな印象の方は

よくあるパーソナルカラーマニュアルどおりに

秋タイプと判断してベージュやカーキ、レンガ色を着たりしがちですが

冬のブルーベースの色で色白に、クリアな色でお肌をつややかに

見せた方が良い方も大勢いらっしゃいます。

そういうタイプの方はお肌の黄みも強いのですが

血色があまりよくないために青黄色い肌色、オリーブ系の方が多いようです。

また、唇の色は紫がかっていたりします。


自分のボディーカラータイプと同じ性質をもった色が必ずしも

良い効果をもたらすとも限らないのです。

要は実際にテストカラーを当てて比較してみないと確かなことは

言えないということになります。


次に性格についての傾向をきかれるチャートもあるかと思います。

外見とその人の好み、性質とは深い関係があるという考え・理論から

きています。

もともとのあなたの気質、性質がその色を選ばせていると言いましょうか

色彩心理的な解釈です。


好きな色やよく着る色についても質問があるでしょう。

それは好きな色であり、あなたの心に響く色であって

似合うかどうかということとは必ずしも一致しません。

 
あと、ローズピンクとサーモンピンクならどちらがいいですか

などといった具合に、どちらが似合うと思うかという質問もよくありますね。

それが分かれば苦労は無い、

ということでしょうか。

分からないから、この自己診断チャートやってるのよ

と言いたくなるかもしれません。


自分が着てみたこともない色が

ものすごく良い効果をもたらす可能性もあります。


自己診断は、自分の既成概念や枠からは離れられないので、

自分になじむ色の再確認はできるかもしれません、


また、自己診断結果が意外なシーズンだったりすると

そんなはずないと思うけどな・・・。

とか思ってしまって

やはり自分の枠の中から一歩出て

魅力的な新たな自分を発見することは難しいかもしれません。


↓それぞれのシーズンの特徴はこっちを参考にしてください。
*まいん*のパーソナルカラー絵本
  
お問い合わせボタン2 サロン2 map2 

ホームボタンマップ

<< ブログhomeへ 
<< 最新ブログ記事へ








  1. ○ パーソナルカラー自己診断
  2. | trackback:0
  3. | comment:0