パーソナルカラー診断(大阪)スタジオマイン*まいん*のブログ 

パーソナルカラー診断なら大阪鶴橋のスタジオマイン、色の効果で美人度アップ!カラーリストの *まいん* です。



理論通りにいかないパ-ソナルカラーの事実 :: 2010/09/14(Tue)

◆ 「理論通りにいかないパ-ソナルカラーの事実」

先日、カップルで診断に来ていただいたお客様なのですが

男性のお客様の方は、以前東京でパーソナルカラー診断を受けられていて

結果は「夏」だったそうです。

別にその診断結果に不満があった訳ではなく、

カラーリストが変わればまた別の見方もあるのかな

いろんな意見を聞いてみたい

と言うことでした。

それと 似合う 黄・赤・茶 を知りたいと言うご希望です。


早速、診断させていただいたところ、

お似合いの色の特徴は

・明るめ
・鮮やかめ
・あまり濁らない・暗くならない
・ブルーベースもいいがイエローベース優勢


「夏」の明るいあまり濁らない色もお似合いですが

どちらかというと

「春」の色のほうが血色よくつややかに若々しく

拝見できました。

赤や黄なら「春」のパレットからも「夏」のパレットからも

お選びいただけるので

かなりお似合いになる色の幅は広がったと言えます。

次は、似合う 茶色 です。

春・夏・秋・冬 の茶色を当てていくと

お似合いになるはずのベストシーズンの春の茶色は

膨張感が出てしまい、どうもスッキリしません。

秋の茶色は地味で老けた印象になります。

冬の茶はお顔が暗くなり陰気な感じです。

夏の茶はお顔の色も輪郭もスッキリとさせていい感じです。

グレーでも夏のベーシックカラーが一番お似合いです。

以前の東京での診断はスーツの色はどれがいいかをメインに見てもらったのだそうです。

「夏」と診断されたのが納得できます。

茶やグレーというのは低彩度色(色みの弱い色)です。

ベーシックカラー(低彩度色)のベストゾーンと色みのあるグループのベストゾーンとで

イエローベース、ブルーベースのねじれ現象がおきています。

それは私の診断の目がおかしいからでしょうか。

あるいはそうかもしれませんが、

実際に見た印象、変化を観察していく中での観察結果です。

「春」の色はイエローベースで明るめの色なのでどうしても膨張感が出やすくなります。

それがマイナスに働かずプラスの効果をもたらす場合もありますが、

イエローベースで明るめの膨張感の出やすい色にブルーベースの色を組み合わせることで

膨張感を調整し、その方にとってのベストなコーディネートになることもあります。


「夏」のパレットを基本に プラス「春」のベーシックカラー以外が使えます。

という解説が一番分かりやすいかな と思います。



パーソナルカラーの理論や分類はよくできていますが

理論や分類に収まりきらない事実もあります。


理論どおりでなくても分類からずれても

事実は事実として診断結果に反映させればいいと思います。

その際、

お客様が混乱しないようにしなければいけないのは言うまでもありませんが。

カラーパレット 夏

カラーパレット 春 分析



<*まいん*のパーソナルカラー診断>
*まいん*のサロンでは、4シーズン分類にこだわらない
本当に似合う色をお探しします。


|お問い合わせ・お申込み|

・ブログhomeへ    
最新ブログ記事




  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

  1. ◆ パーソナルカラー分析報告
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
「無煙タバコに総替え」希望です。 :: 2010/09/11(Sat)

この記事はブロとものみ閲覧できます


  1. 未分類