パーソナルカラー診断(大阪)スタジオマイン*まいん*のブログ 

パーソナルカラー診断なら大阪鶴橋のスタジオマイン、色の効果で美人度アップ!カラーリストの *まいん* です。



■ そのシーズンならすべてどの色も似合うのか :: 2010/05/20(Thu)

◆ 「そのシーズンならすべてどの色も似合うのか」


「夏」と診断されたが、「夏」の色ならどの色も同じように似合うのか

確かめたい と言うご希望のお客様がいらっしゃいました。

おそらく「夏・全然違うとまでは思わないが、この夏の色は何かおかしい。」

という直感的なものがおありだったのだと思います。

診断してみると、やはり「夏」の色はよくお似合いになります。

かなりはっきりしたブルーベースの方です。

それはご自身でもよく把握しておられ、要は「夏」と言われたが本当は「冬」じゃないの?

という疑問をお持ちのようでした。


いろいろとテストカラーを当ててみた結果

お似合いになる色の特徴は、

・ブルーベース

・明るめ(高明度~中明度)

この2点が最も重要な要素です。

明るめであれば、濁り感のあるソフトな色も透明感のあるクリアな色もOKです。

明るめであれば、どちらかというとソフトな感じの濁色の方がお肌の調子を

なめらかに整えて見せます。

そんなわけで「夏」と診断されたことが分かります。。

でも、夏の 紺、グレイ、ブラウン を当てると少しさびしい、地味な印象になってしまいます。

ちょっとなんだかさえない感じになってしまうのです。

ところがベーシックカラーを「冬」の 明るめのグレーやシャープな紺にしてみると

すっきりと華やかな印象になります。

低彩度色であるベーシックカラーを夏のやさしい調子の色にすると精彩を欠いてしまいます。

クリアで力強い冬のベーシックカラーがよい印象をもたらします。

特に冬の明るめのグレーを基調にブルーベースの明るめ(高明度~中明度)の色を襟元に

持ってくるとてもいい感じになります。

・ブルーベースであること

・ニュートラル系のベーシックカラーは濁らない色「冬」

・明るめであれば「冬」でも「夏」でもOK

冬のベーシックカラーと明るめの色なら夏と冬の両方のパレットから使えます。

どちらかというと「冬」をメインに「夏」の色をサブ的にお使いになるのがベストと判断し
そうお伝えしました。

●パーソナルカラー夏タイプの方のトーン
トーン表

●パーソナルカラー冬タイプの方のトーン
トーン表 冬

●今回のお客様のパーソナルカラートーン
トーン表 k様のトーン




<*まいん*のパーソナルカラー診断>
*まいん*のサロンでは、4シーズン分類にこだわらない
本当に似合う色をお探しします。

|お問い合わせ・お申込み|

・ブログhomeへ    
最新ブログ記事




  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

  1. ◆ パーソナルカラー分析報告
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
パーソナルカラージプシー的心 ・・・続き その2 :: 2010/05/13(Thu)

◆ 「パーソナルカラージプシー的心 ・・・続き その2」


以前、他でパーソナルカラー診断を受けて「○○」のシーズンタイプと診断されたが、

■ 色の使い方が分からない

■ そのシーズンならすべてどの色も似合うのか

■ 診断結果が腑に落ちない、しっくりこない、

という理由で当サロン(というほどサロ~ンなところでもありませんが・・・)

に来てくださるお客様が少なからずいらっしゃいます。

数々あるそういったケースの診断例をご紹介したいと思います。

「診断結果は○○。 でも・・・。」

studio mine ではお客様のかかえる この

「でも・・・?」の部分にお答えしています。



事例 ①

■ 診断結果が腑に落ちない、しっくりこない、


というお客様の分析は・・・・




ベーシックカラー(グレー、ベージュ、茶、紺)をトップスに

アクセントカラーとしてピンク系やブルー系をスカーフに見立てて、

春・夏・秋・冬 と

それぞれのシーズンカラーでコーディネイトしたものを、

お顔の下に持ってきて見比べてみると、

1枚ずつ見ていた時と異なり

よりシーズンごとのイメージ特性が分かって、診断しやすくなりました。


例えば、それぞれのシーズンごとの ベージュ+ピンク で見てみると

●春のベージュ+ピンク=春のベージュはとても膨張感が出て、もたついた感じになる。

●冬のベージュ+ピンク=冬のベージュはグレ-に近いグレージュ+青みでクリアなピンク
だととてもスッキリとして華やかになります。

●夏や秋の濁り感のある色は、地味で寂しい感じや老けた感じになってしまいNGです。


さらに続けて、いく通りかテストカラーをかえて、観察を続けた結果、


まとめると、

低彩度になるとイエローベースの悪い影響が目立ってきます。

なのでベージュやブラウンといった黄みのベーシックカラー、特に春や秋の

ベージュ、ブラウンはNGカラーになってしまいます。

ベーシックカラーで見ていくと冬のグループの色が最もよい効果をもたらすことが分かりました。

他の冬の色も好印象です。

但し冬の暗めのカラーは似合いにくいので、

冬のベーシックカラーを主に使い、ポイントは冬の明るめ、鮮やかめの色を

お使いになるとよさそう、ということが分かってきました。

明るめ、鮮やかめならイエローベースの色もなかなかいい感じです。

結論は「冬のパレットが基本。」です。



とえらそうな事を言っていますが、ウチで診断を受けたお客様の中にも「・・・?」
を抱えていらっしゃるかもしれません。そういう場合は遠慮なく御再訪下さい。


<*まいん*のパーソナルカラー診断>
*まいん*のサロンでは、4シーズン分類にこだわらない
本当に似合う色をお探しします。

|お問い合わせ・お申込み|

・ブログhomeへ    
最新ブログ記事




  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

  1. ◆ パーソナルカラー分析報告
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
パーソナルカラージプシー的心 ・・・続き その1 :: 2010/05/13(Thu)

◆ 「パーソナルカラージプシー的心 ・・・続き その1」


以前、他でパーソナルカラー診断を受けて「○○」のシーズンタイプと診断されたが、

■ 色の使い方が分からない

■ そのシーズンならすべてどの色も似合うのか

■ 診断結果が腑に落ちない、しっくりこない、

という理由で当サロン(というほどサロ~ンなところでもありませんが・・・)

に来てくださるお客様が少なからずいらっしゃいます。

数々あるそういったケースの診断例をご紹介したいと思います。

「診断結果は○○。 でも・・・。」

studio mine ではお客様のかかえる この

「でも・・・?」の部分にお答えしています。



事例 ①

■ 診断結果が腑に落ちない、しっくりこない、

他のサロンで「春です。かわいい感じがお似合いになります。」

と言われたものの、

「なんか違う、かわいい感じ? え~。」

「もう一度違うところで診断してもらいたい。確かめたい。」

ということで 当studio mine にお越しいただいたのですが、

さささ~とドレーピング(色布を当てて顔の見えの変化を観察すること)をしてみると

やっぱりお客様、春ですよ。

となりそうだったのですが、テストカラーを組み替えて診断しているうちに

重大な発見が!

というほど大層なことでなく、ありがちなことなのですが、

ドレーピングの手順として、一般的な方法の一つに

二つのシーズンを選んで、

例えば「冬のピンク」と「春のピンク」を選んでどちらがよいか比べます。

まず、「春のピンク」をお顔の下、襟元に掛け、もう1枚の「冬のピンク」は

胸元に広げ上げたりおろしたりしながら、交互に「冬のピンク」と「春のピンク」が

お顔の下に来るようにして変化を観察します。

この方の場合、必ずと言っていいほど、「後に持ってくる方の色(上げ下げする方)が

よりよいように見える」のに気づいたのです。

ドレーピングの順番によって印象、見え方が変わる と言うことはまま、あるのですが

この方の場合はその現象が強く現れる方でした。

いわゆる「継時対比」の現象かなと思われるのですが、

薄い色を見た後で、濃い色を見ると、前に見た色が薄かったために

次に見た色がいっそう濃く感じられるというような現象のことですが、

「冬のピンク」=似合うとくっきりとして色白になる
「春のピンク」=似合うとハリ、ツヤが出て血色がよくなる

後に当てた色のいい方の効果が印象として強く残るのです。

「春のピンク(胸元で固定)」の後に「冬のピンク(上げ下げする方)」をもってくると「冬のピンク」がよく、

「冬のピンク(胸元で固定)」の後に「春のピンク(上げ下げする方)」をもってくると「春のピンク」がよくなります。

万事が万事、この調子で、堂々巡りになってしまい、後にもってきた色のシーズンが

ベストということになってしまいます。

そこで次のようなやりかたを行ってみました。

            ・・・ 次回に続く。





<*まいん*のパーソナルカラー診断>
*まいん*のサロンでは、4シーズン分類にこだわらない
本当に似合う色をお探しします。

|お問い合わせ・お申込み|

・ブログhomeへ    
最新ブログ記事




  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

  1. ◆ パーソナルカラー分析報告
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
どうぞ、studio mine にご相談にお越し下さい。 :: 2010/05/04(Tue)

◆ 「パーソナルカラージプシー的心」


以前、他でパーソナルカラー診断を受けて「○○」のシーズンタイプと診断されたが、

■ 色の使い方が分からない

■ そのシーズンならすべてどの色も似合うのか

■ 診断結果が腑に落ちない、しっくりこない、

という理由で当サロン(というほどサロ~ンなところでもありませんが・・・)

に来てくださるお客様が少なからずいらっしゃいます。

たいてい当サロン(というほどサロ~ンなところでもありませんが・・・)もういいって、

よりも高額の診断料を支払っておられるのですが、

やはり同じところへは確認に行きにくいということもあるのでしょう。

最近、このような戸惑いをかかえたお客様からのご依頼が少なからずあります。

私は基本的にはお客様がよそでパーソナルカラー診断された結果は尊重します。

プロに比較的高額と思われる診断料を支払っているのですから、

まるでアサッテな診断結果を伝えたはずはありません。


studio mine では 

お客様のかかえる
 
「でも・・・。」の部分にお答えしています。


数々あるそういったケースの診断例をご紹介したいと思います。

                        次回につづく・・・・



<*まいん*のパーソナルカラー診断>
*まいん*のサロンでは、4シーズン分類にこだわらない
本当に似合う色をお探しします。

|お問い合わせ・お申込み|

・ブログhomeへ    
最新ブログ記事




  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

  1. ◆ パーソナルカラー分析報告
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
パーソナルカラー 男性編  スーツ冬タイプ :: 2010/05/04(Tue)

mmmm.png

     <パーソナルカラー診断・男性|診断手順|価格|>はこちらから
男 冬
色選びのポイントは、

★青みより
★澄んだクリアな色
★明るめ&暗め

白、黒、グレー がお似合いになるのが「冬」の方です。

色味は青みを感じさせる色。

明るい!暗い!鮮やか!な色

ハッキリとした力強いイメージのクリアな色を選んで下さい。


典型的、純粋な「冬」タイプの方は、ベージュなどの黄みを含んだ穏やかな

感じの色が苦手です。

皮膚がたるんで黄ばんで見えてしまうので老けてしまいます。


ダークグレーに真っ白なワイシャツ、ワインカラーのネクタイという

ビジネススーツの基本のようなスタイルが最もお似合いになるのが「冬」タイプです。

ビジネスシーンのコーディネイトに困ることがありません。

スッキリとたのもしく、男らしさがでるのでいかにもリーダーシップを発揮しそうに見えます。



男性のパーソナルカラー診断もこちらから
パーソナルカラー診断はこちらから
http://www.art.zaq.jp/studio_mine/list1.html
img161_20100121073226.png
パーソナルカラーについてはこちらに詳しく書いています。 
http://www.art.zaq.jp/studio_mine/CCP013036.html 
img195_20100307200521.png
パーソナルカラーリストになりたい人は必見!
http://www.art.zaq.jp/studio_mine/CCP037.html
img181_20100307200559.png



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村

お手数ですが、あの・・・できたら、ぽちっ と応援お願いします。笑
(ランキングに参加しています。「見たよ、ぽちっ」がとてもうれしいのです。)にこ
   


  1. ○ パーソナルカラー for men
  2. | trackback:0
  3. | comment:0